自社開発の高精度・高性能試験装置によるタイヤ動特性の測定結果を提供

ユーザー様の希望する計測シーケンスにより、下記のタイヤの特性試験結果をご提供します。

  • コーナリングフォース ・セルフアライニングトルク
  • 残留コーナリングフォース ・残留セルフアライニングトルク
  • キャンバスラスト

◇高精度・高性能試験装置

タイヤ特性を計測する上で、以下は重要な要素です。

  • 試験機の動作仕様 ・分力センサの精度
  • 装置の共振特性 ・タイヤ各部の温度計測

A&Dは、これらの必要性能を満たすフラットベルト試験機、分力センサを自社で設計開発しています。

◇実路走行の台上再現

プレイバック機能により、実車両を用いた実路走行中に収集した車両挙動データを計測シーケンスとして再生し、実路走行を台上で再現して計測できます。

※走行再現用データの収集には、車両挙動計測受託サービスをご利用ください。

    • ご指定または弊社の計測シーケンスによる試験の実施
    • タイヤ特性解析、モデル化のためのデータ計測
    • 目的に合わせた計測シーケンスの作成
    • 下記制御軸の目標動作設定を複数ステップ組み合わせ、計測シーケンスを作成
      –縦スリップ率(SR)
      –キャンバ角(CA)
      –横スリップ角(SA)
      –垂直荷重(Fz)
      –タイヤ空気圧(P)

≪計測項目≫

  • タイヤ5分力(Fx/ Fy/ Fz/ Mx/ Mz)
  • スリップ角S A /キャンバ角C A /スリップ率SR/タイヤ表面温度
  • タイヤ有効半径
  • 上記計測値の時系列データ(1kHzサンプリング)