トランスミッションの性能計測・耐久評価試験 を受託します。

トランスミッション評価用ベンチに3基の低慣性ダイナモを設備してい ます。(駆動用モーター 275kw) これは トランスミッション入力軸の加 振運転を行うために有効です。またベンチコントローラーはモデル制 御による試験運転を行いますので、お客様ご用意のモデルによる実走 行を模擬する運転パターンを実行する事が出来ます。

A&D製モデルによる直線加速走行評価オプションがあります。車速とホ イールトルクにおいて実走行との一致性の良い走行評価が特徴です。

データ取得試験例

  1. 性能計測試験
    • T/M伝達効率測定
    • T/Mフリクション測定
    • ノイズ(振動・音)測定
    • 変速性能データ取得
  2. 耐久評価 負荷条件、回転数条件変更に よる連続耐久試験
    • 高温条件
    • 低温始動
    • ディファレンシャル差動
  • シミュレーション運転
    車両モデルを用いたT/M入出力負荷模擬を行います。
  • トルク計測
    トルク計位置を工夫し、軸受け損失の少ない計測
  • 加振コントロール
    低慣性ダイナモによる加振運転
  • ユーザ目的に合わせたカスタマイズ
    自社製品中心の設備による計測制御システムのアレンジでご要望にお応えします