負荷荷重25kNのタイヤ特性試験機

高負荷試験でも、微小な力を再現性良く測定します

タイヤ特性試験には、正しい装置制御と正しい力計測が求められます。
フラットベルト式タイヤ試験機は、両方を兼ね備えた試験機です。

◇正しい装置制御

FEM解析で検証した剛性の高い装置は、制御応答性が高く、タイヤの姿勢・ベルトへの押付を精度良く制御します。
ベルトを高速演算で制御しており、高荷重+SAの条件下など、大きな横力が発生する試験においても±1mm以下の直進性を保持します。

◇正しい力計測

A&Dのセンシング技術による6分力計をタイヤスピンドルに搭載しています。高応答・高精度な6分力計は、微小操舵時のわずかな力も精度良く計測します。

◇実車走行再現

A&DのVMS(車両統合計測システム)を取り付けた車両を用いて実路走行し収集した車両挙動データを、計測シーケンスとして試験機上で再生することで、実路走行を台上で再現して計測できます。

  • 優れたベルト直進性
  • 優れたベルト平坦性
  • 高応答・高精度6分力計
  • ベルトクラックセンサー
    ベルト端部・中央のクラックを検出し、装置の損傷を防ぎます
  • 複数制御軸の同時動的変化
  • 自由度の高いパターンファイル構造でユーザーの求める試験シーケンスを実現します

≪例≫
– コーナリング試験
– ブレーキ、駆動試験
– 複合コーナリング試験(摩擦円試験)
– コーナリングパワー、セルフアライニングパワー試験
– 低速緩和長試験(速度1km/h~)
– タイヤ有効半径、動荷重半径試験

  • プレイバックファイル試験
    実車走行時の収録データなどの時系列データファイルを台上で再生し、収録時の走行を再現します
  • 外部指令入力による試験
    車両運動シミュレータや外部試験機からの指令に追従制御します