試験片自動供給機構による連続試験対応

自社開発の2分力計による精度の高い摩擦力・荷重計測

A&Dのランボーン摩耗試験機は、JIS K6264-2に規定されている加硫ゴム試験片の耐摩耗性試験に加えて、精度の高い摩擦力・荷重計測により加硫ゴムのスリップ率特性を見ることもできます。

◇高精度2分力計
試験片の軸が走行方向へ受ける力を高精度2分力計で計測することで、摩擦力をダイレクトに計測します。これにより、トルク計と試験片半径から計算で求める手法に比べ、より正確な摩擦力計測が可能です。
試験片を研磨輪に押しつける力も高精度2分力計で計測しています。直動機構にロードセルを挟む一般的な構造とは異なり、摺動抵抗を受けない高精度な荷重計測が可能です。

◇試験片自動供給機構
試験片を試験室へ自動供給、試験後に自動回収する機構を持ち、最大96個の連続試験が可能です。

◇転がり抵抗計測
試験片とモータ回転をクラッチで切り離し、研磨輪上でフリーローリングさせることで、転がり抵抗を測ることができます。

  • 対応規格
    – JIS K6264-2 、 ISO23337
  • 高精度2分力計搭載
    – 摩擦力をダイレクトに計測可能
    – ガイドの摺動抵抗を含まない荷重計測が可能
  • 試験片の自動給配機構搭載
    – 最大96個の連続試験が可能
  • 研磨輪と試験片の表面温度計測
  • タルク投下の流量コントロールが可能
  • ヒータによる研磨輪の温度調整(オプション)

自動供給機構仕様

ストッカに予めセットした試験片を、順次試験室に自動供給します。試験後の試験片は別ストッカに自動回収します。ストッカは取り外し可能で、試験片のセット/取り出しが容易です。