Multifunctional Heat Exchanger System

優れた制御応答性能により、モード走行時の過渡温度を再現します

多機能熱交換システムは、冷却水温度、エンジンオイル温度および燃料温度の実走行時の状態をエンジン発熱モデルを使ったモデルベース制御により再現します。

エンジン発熱モデルによるフィードフォワード制御とPID制御の組合せ制御

従来の熱容量の大きな熱交換機は温度安定性に優れていますが、モード走行のように、目標温度が過渡的に変化する試験には対応できません。A&Dの多機能熱交換システムは、小熱容量+エンジン発熱モデルによるフィードフォワード制御とPID制御の組合せにより、目標温度への圧倒的な追従性を持ち、過渡温度再現を可能にします。温度安定性と目標追従性という背反する事象を両立し、低負荷~高負荷、低回転~高回転の全領域で短時間のうちに温度を安定させる性能を持っています。

◇モード走行過渡温度再現

  • エンジンノーマル/オープンサーモスタットでの再現
  • エンジン急冷ソーク

◇冷間発進

  • -7℃からの冷間発進

◇低圧力損失回路

  • ラジエータ圧力損失再現

◇冷却水バイパス機能

  • 高い過渡制御応答性

◇保安機能

  • フェイルセーフ機能(ソフトウェア、ハードシーケンス)
  • エンジン冷却水及びオイル充填排出装置(オプション)

◇補助機能(オプション)

  • 燃料温度調節
  • インタークーラ温度調節
  • AUX制御出力

◇試験時間短縮

  • 1ステップサイクル( 条件変更⇒状態安定⇒データ取得 )の時間を早め、試験時間を短縮

◇コンパクトサイズ

  • W600×D800×H1850