Plate Force Sensor

3軸または6軸の分力を10kHzで計測独自のシステムで

低クロストーク・高分解能を実現

AD7827は、A&D独自の分担力検出方式による3分力/6分力計測センサです。

エンジンベンチでのエンジン反力計測、実車両に取り付けたタイヤの路面反力計測、風洞天秤など様々なアプリケーションに利用できます。

80kHzの高速サンプリングにより、タイヤがセンサ上を通過するときの分力を計測できます。

18bitの高分解能により、微小な変化も計測できます。

低クロストークであるため、センサ上での力移動の変化の様子を精度よく計測できます。

センサコントローラから10kHzの高速レートで計測データをリアルタイム出力します。リアルタイム出力される計測データは高分解能・低クロストークなので、制御ループで使用することもできます。

  • 様々なアプリケーションに利用可能
  • 高速サンプリングレート: 80kHz
  • 高分解能: 18bit
  • 低クロストーク:
    AD7827-102-3K:
    FxFz: Force 2.5% / Moment 3.5%
    Fy: Force 0.5% / Moment 2%
    MxMz: Force 0.5% / Moment 3.5%
    My: Force 0.5% / Moment 2.5%
    AD7827-112-30K:
    FxFz: Force 1%
    Fy: Force 2%
  • センサ内部でA/D変換し、以降の信号をデジタル化することにより、低ノイズを実現
  • テレメータシステムによる完全アイソレーションアンプ
  • 1kHzレートのデジタル(CAN)出力、10kHzレートのアナログ出力が可能
  • A&D製DSP小型軽量コントローラ採用