燃焼解析

エンジンにおける、排出ガスの低減、燃費、信頼性の向上等は内燃機関の技術レベルの向上が源泉となっています。燃焼開発を担っているエンジニアと適合エンジニアは、複雑化が増すエンジンの開発目標を達成するために、高品質なツールを必要としています。燃焼開発に使われる数々のツールの中でも、燃焼解析システムの重要性は増しています。

シミュレーションと制御

自動車開発への要求は、設計の多様性と複雑さを増しながら、開発スケジュールの短縮が求められています。従来の複数の試作車によるテスト方法は、高価で時間が掛かる問題を残しながら、予期しないテスト結果が 設計工程の想定を上回り、益々、開発スケジュールとコストを圧迫します。従来型のテスト手法では、開発計画と市場要求を同時に実現することが難しくなっています。 これらにより、試作部品、試作車両によるテストから、シミュレーションによる評価への代替が求められています。

エンジン開発・試験

近年の世界的な環境への要求により、内燃機関にはより温室効果ガスの排出量を低減し、低燃費の性能が求められています。一方、市場からはより快適に、より安全な移動手段として、車の進化が求められています。自動車の電動化の方向性はゆるぎないものと捉えられていますが、まだまだ高価であり課題も多く、内燃機関にも更なる進化が求められています。

トランスミッション開発・試験

自動車における燃費向上やより快適な乗り心地の追求は、内燃機関の改善にとどまらず、エンジンが出力するトルクを車両の駆動力に変換するトランスミッションへも及んでいます。

トランスミッションは、エンジンの最適駆動領域での運転を実現するためにより多段化、燃費向上の為に、小型、軽量化、よりスムーズな変速動作を実現するために最先端の電子制御を導入しています。

バッテリー開発・試験

従来の化石燃料の環境的、経済的懸念の高まりにより、交通輸送産業には電動化の圧力が増しています。ハイブリッド車両及び電動車両等、電動技術を搭載した車両はこれから数十年間、世界規模で急成長し続ける事が予想されます。先進的な電池はこのトレンドにおける、主要技術であり、将来の電動車両普及のための、主なハードルは電池における、性能、安全性、耐久性及び価格です。

HEVパワートレーン開発・試験

自動車の電動化への動きは、消費者、自動車産業、エネルギー産業等に対して劇的な変化を及ぼします。
電動化自動車の完全普及には、電力供給の面だけでも、多大なインフラ投資を必要とするので、その前段階での、ハイブリッド車両の果たす役割は大きく、ハイブリッドシステムには、さらなる進化が求められています。そのため、ハイブリッドシステムを開発するためのソリューションへの期待と要求は高まってきています。