Laser Ground Sensor

地面を基準としたタイヤ姿勢やスリップを計測するレーザ対地センサ

LGSレーザ対地センサは、地面を基準としたホイールの速度や姿勢を計測します。

レーザ対地センサは、2つの速度センサと3つの距離センサを組み合わせた構造をしています。

レーザドップラ速度計(LDV)により、対地速度、スリップアングルを計測します。

レーザ変位計(LDS)により、対地ピッチ・キャンバアングル、タイヤ有効半径を計測します。

速度の検出は、レーザドップラ方式を採用しており、速度0も検出することが可能です。

WFS(ホイール6分力センサ)・WPS(ホイール姿勢センサ)と組み合わせることで、それぞれの計測値を、地面座標を基準とした6分力とボディ姿勢に補正することが可能です。

  • ホイールの縦/横方向の対地速度、スリップアングルを計測
  • ホイールのピッチング角度・キャンバ角度を計測
  • タイヤの有効半径を計測
  • 平行リンクタイプWPSと組み合わせることにより、車両ボディのピッチングを計測可能
  • バンドパス光学フィルタを採用し、太陽光ノイズを低減
  • 中央値フィルタを採用し、水滴等のノイズをカットすることにより、散水路・雪道での試験をサポート
  • レーザドップラ方式を採用し、速度0が検出可能
  • 汎用CAN出力機能により、ユーザ所有のデータロガーに接続可能
  • A&D製DSP 小型・軽量コントローラを採用