Wheel Position Sensor

様々な計測シーンに対応したホイール姿勢センサ

WPSホイール姿勢センサは、ボディを基準としたホイールの位置・角度をリアルタイムで計測します。

計測点の水平を保持する「平行リンク」と、高速走行・高Gに対応した「シングルロッド」の2種類のタイプがあり、計測シーンに合わせて選択することが出来ます。

各リンク可動部の角度とリンク長から順運動学に従ってホイール姿勢を演算します。

  • 車両ボディを基準としたホイールのXYZ軸の位置座標と角度を計測
  • LGSと組み合わせることにより、車両ボディのピッチングを計測可能(平行リンクタイプ)
  • 高速・高Gの試験をサポート(シングルロッドタイプ)
  • 高精度アブソリュートエンコーダ(17bit)を採用
  • 汎用CAN出力機能により、ユーザ所有のデータロガーに接続可能
  • A&D製DSP 小型・軽量コントローラを採用